FC募集

FC募集

向上館SFCG・アオハル予備校

~更新情報~
★2022年7月・4回更新 ★2022年8月・4回更新
★2022年9月・5回更新 ★2022年10月・4回更新
★2022年11月・3回更新 ※11/19最終更新

~教務(授業)支援・基本設定の3種類2023~
・中2国語力強化講座コトノハ(週70分)
・高1現代文(週50分)
・高2現代文(週50分) 

~教務(授業)支援・可能な7種類2023~
・中1勉強力強化講座カンヅメ(週70分) 
・中3表現力強化講座コトダマJr.(週70分) 
・中学生英語力強化講座ミミトレ標準(週50分) 
・中学生英語力強化講座ミミトレ発展(週50分) 
・高1/高2英語+進捗管理コンパス(週50分)
・高3英語+進捗管理コンパス(週50分)
・高3入試小論文コトダマ(週50分+個別添削)
※上記7種類の受講は受講条件がございます

~教務(授業)支援・応相談の9種類2023~
・中1/中2/中3英語(各週70分) 
・中1/中2/中3数学(各週70分) 
・中3入試特訓(9月ー2月実施・週150分) 
・小5/小6英語+算数(各週70分)
※上記9種類の受講は受講条件がございます



■向上館SFCGの概要

一般的な塾・予備校のFCとは一線を画した、
ステルス・フランチャイズ・グループ(SFCG)です。

私たちは教務(授業)・開校・運営の各内容を支援し、
参加塾は独自色を出しつつグループでつながります。

展開するブランド名はアオハル予備校ですが、
参加塾はこの名称すらも使用する必要はありません。

では、何故このような希有な形態をとっているのか?
そこに、私たちが目指す大切な想いがあります。

代表・熊谷の20数年での業界経験がもとになっていますが、
これについては、お会いした際にお話しさせて頂きます。 

==========

■向上館SFCGの設立理由

2008年2月に母体となる向上館を創業。
直営展開と共に、培ってきたものの継承を考えました。

子どもたちと親御様にとって、魅力ある塾・予備校を。
仕組みの支援と各地の結びつきが継承になるだろう。

ならばそれだけに特化したグループをつくろう。
参加塾の自由裁量が大原則の、WINーWINとなる継承を。

では、何故このような考えを持つに至ったのか?
そこに、私たちが目指す大切な想いがあります。

代表・熊谷の20数年での業界経験がもとになっていますが、
これについては、お会いした際にお話しさせて頂きます。 

==========

■向上館SFCGの教務(授業)支援・概要
※0次募集期間での参加塾

塾・予備校の要となる教務(授業)を私たちが支援します。
安かろう悪かろう・・・という事はありません。

基本設定は国語(現代文)に特化した支援と致しますが、
参加塾と私たちのパートナーシップ制度も設けています。

教務(授業)支援は参加塾にとって利益をもたらしますが、
高額のロイヤリティ等を頂く事もございません。

では、何故国語(現代文)をメインに支援するのか?
そこに、私たちが目指す大切な想いがあります。

代表・熊谷の20数年での業界経験がもとになっていますが、
これについては、お会いした際にお話しさせて頂きます。 

==========

■向上館SFCGの教務(授業)支援・ご案内
※0次募集期間での参加塾

2022年6月~2024年2月が、向上館SFCGの0次募集期間。
私たちの想いにご賛同頂く方とつながりたいと考えます。

ご案内に記載のパートナーシップ制度の内容は、
外部への公表は控えますが、非常に魅力ある制度です。

教務(授業)支援は国語(現代文)3種類が基本設定。
担当講師の指導力については、どうぞご安心下さい。

また、私たちの支援を受ける条件がございますので、
参加塾の皆様には、全て厳守をお約束して頂きます。

お問い合わせやお申込は055-941-5051へのお電話にて。
または向上館Facebook・InstagramへのDMにて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●中2国語力強化講座コトノハを参加塾に支援
〇対象=中学2年生
※中学国語は中3表現力強化講座コトダマJr.も開講
〇時間=毎週火曜日19:00-20:10の1回70分完結
・(株)向上館の年間スケジュールに準じます(年間46回)
〇内容=読解・解法・表現等の国語(現代文)授業
・全内容が(株)向上館のオリジナルです
〇講師=慶應義塾大学(法学部)卒業の大木
・(株)向上館の教務統括責任者です
〇方法=ZOOMを使用した双方向ライブ授業
・板書説明はパワーポイントを使用
〇期間=各年度3月~2月までの全期間
・(株)向上館の年間スケジュールに準じます

↓↓コトノハ・現代文ご紹介動画アリ!


●高1現代文を参加塾に支援
〇対象=高校1年生
※高校国語は高2現代文+高3入試小論文コトダマも開講
〇時間=毎週月曜日20:30-21:20の1回50分完結
・(株)向上館の年間スケジュールに準じます(年間46回)
〇内容=読解・解法・表現等の国語(現代文)授業
・論理的読解ベースの高密度指導
〇講師=慶應義塾大学(法学部)卒業の大木
・(株)向上館の教務統括責任者です
〇方法=ZOOMを使用した双方向ライブ授業
・板書説明はパワーポイントを使用
〇期間=各年度3月~2月までの全期間
・(株)向上館の年間スケジュールに準じます

↓↓コトノハ・現代文ご紹介動画アリ!


●高2現代文を参加塾に支援
〇対象=高校2年生
※高校国語は高1現代文+高3入試小論文コトダマも開講
〇時間=毎週月曜日21:40-22:30の1回50分完結
・(株)向上館の年間スケジュールに準じます(年間46回)
〇内容=読解・解法・表現等の国語(現代文)授業
・論理的読解ベース+共通(旧センター)過去問の指導
〇講師=慶應義塾大学(法学部)卒業の大木
・(株)向上館の教務統括責任者です
〇方法=ZOOMを使用した双方向ライブ授業
・板書説明はパワーポイントを使用
〇期間=各年度3月~2月までの全期間
・(株)向上館の年間スケジュールに準じます

↓↓コトノハ・現代文ご紹介動画アリ!


●支援の条件
〇静岡県内の下記市町村内での支援は不可です。
・三島市/伊豆の国市/伊豆市/熱海市の4市
〇講座・授業ごとに参加塾1拠点で最大8名まで。
・拠点数が増える場合も拠点ごとに最大8名です
・8名を超える場合はご相談に応じます
※0次募集期間での参加塾の条件です
〇講座・授業ごとに支援対象は最大8名まで。
・1拠点費用として月額13,200円(別途教材費)
・8名を超える場合はご相談に応じます
※0次募集期間での参加塾の条件です
〇パートナーシップ制度を利用すると完全無料です。
・詳しくはお会いした際にお話しさせて頂きます
※0次募集期間での参加塾のみ適用対象
〇サポート講師を1名以上配置して下さい。
・いるだけ・見てるだけの配置は推奨致しません
〇参加塾外での在宅受講等は不可とさせて頂きます。
〇Webカメラで受講場所を映して頂きます。
〇接続障害等で遮断される場合の責任は負いません。
〇不足・不慮の事態での休講はお許し願います。
〇状況等で支援をお断りさせて頂く場合有。

↓↓コトノハ・現代文ご紹介動画アリ!


==========

■向上館SFCGの教務(授業)支援・参加塾での販売例
※0次募集期間での参加塾

私たちから提供する教務(授業)については、
参加塾の自由裁量による塾内販売を許可しています。

ただし、記載の支援条件を全て厳守して頂くと共に、
販売額については状況に合わせた設定を推奨致します。

下記の販売例は1拠点での例のみとなっております。
なお、別名目での別途費用を頂く事もございません。

教務(授業)力に自信はありますか?
自身の学力が曖昧な状態で指導していませんか?

お問い合わせやお申込は055-941-5051へのお電話にて。
または向上館Facebook・InstagramへのDMにて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●販売例①
→中学生8名/月謝13,200円/1拠点1種の場合
→コトノハのみで自塾販売
→月謝13,200円・季節講習6,600円で費用設定の場合
〇参加塾・A塾様の販売例
・中学生8名が1拠点で受講
・月13,200円×8名=105,600円×12ヶ月
=年間1,267,200円
・季節講習6,600円×8名=52,800円×3回
=年間158,400円
・上記設定での販売例
=年間合計1,425,600円
〇参加塾・A塾様の支払例
・1拠点費用
・月13,200円=13,200×12回
=年間合計158,400円
※パートナーシップ制度を利用すると完全無料

●販売例②
→中学生8名/月謝8,800円/1拠点1種の場合
→コトノハのみで自塾販売
→月謝8,800円・季節講習4,400円で費用設定の場合
〇参加塾・B塾様の販売例
・中学生8名が1拠点で受講
・月8,800円×8名=70,400円×12ヶ月
=年間844,800円
・季節講習4,400円×8名=35,200円×3回
=年間105,600円
・上記設定での販売例
=年間合計950,400円
〇参加塾・B塾様の支払例
・1拠点費用
・月13,200円=13,200×12回
=年間合計158,400円
※パートナーシップ制度を利用すると完全無料

●販売例③
→中学生8名/月謝4,400円/1拠点1種の場合
→コトノハのみで自塾販売
→月謝4,400円・季節講習2,200円で費用設定の場合
〇参加塾・C塾様の販売例
・中学生8名が1拠点で受講
・月4,400円×8名=35,200円×12ヶ月
=年間422,400円
・季節講習2,200円×8名=17,600円×3回
=年間52,800円
・上記設定での販売例
=年間合計475,200円
〇参加塾・C塾様の支払例
・1拠点費用
・月13,200円=13,200×12回
=年間合計158,400円
※パートナーシップ制度を利用すると完全無料

●販売例④
→高校生8名/月謝13,200円/1拠点1種の場合
→高校生現代文・高1or高2で自塾販売
→月謝13,200円・季節講習6,600円で費用設定の場合
〇参加塾・D塾様の販売例
・高校生8名が1拠点で受講
・月13,200円×8名=105,600円×12ヶ月
=年間1,267,200円
・季節講習6,600円×8名=52,800円×3回
=年間158,400円
・上記設定での販売例
=年間合計1,425,600円
〇参加塾・D塾様の支払例
・1拠点費用
・月13,200円=13,200×12回
=年間合計158,400円
※パートナーシップ制度を利用すると完全無料

●販売例⑤
→高校生8名/月謝8,800円/1拠点1種の場合
→高校生現代文・高1or高2で自塾販売
→月謝8,800円・季節講習4,400円で費用設定の場合
〇参加塾・E塾様の販売例
・高校生8名が1拠点で受講
・月8,800円×8名=70,400円×12ヶ月
=年間844,800円
・季節講習4,400円×8名=35,200円×3回
=年間105,600円
・上記設定での販売例
=年間合計950,400円
〇参加塾・E塾様の支払例
・1拠点費用
・月13,200円=13,200×12回
=年間合計158,400円
※パートナーシップ制度を利用すると完全無料

●販売例⑥
→中高校生各8名/月謝13,200円/1拠点2種の場合
→コトノハ+高校生現代文・高1or高2で自塾販売
→月謝13,200円・季節講習6,600円で費用設定の場合
〇参加塾・F塾様の販売例
・中学生8名+高校生8名が1拠点で受講
・月13,200円×8名×2種×1拠点=211,200円×12ヶ月
=年間2,534,400円
・季節講習6,600円×8名×2種×1拠点=105,600円×3回
=年間316,800円
・上記設定での販売例
=年間合計2,534,400円
〇参加塾・F塾様の支払例
・1拠点費用×2種
・月13,200円×2種×1拠点=26,400×12回
=年間合計316,800円
※パートナーシップ制度を利用すると完全無料

●販売例⑦
→中高校生各8名/月謝8,800円/1拠点2種の場合
→コトノハ+高校生現代文・高1or高2で自塾販売
→月謝8,800円・季節講習4,400円で費用設定の場合
〇参加塾・G塾様の販売例
・中学生8名+高校生8名が1拠点で受講
・月8,800円×8名×2種×1拠点=140,800円×12ヶ月
=年間1,689,600
・季節講習4,400円×8名×2種×1拠点=70,400円×3回
=年間211,200円
・上記設定での販売例
=年間合計1,900,800円
〇参加塾・G塾様の支払例
・1拠点費用×2種
・月13,200円×2種×1拠点=26,400×12回
=年間合計316,800円
※パートナーシップ制度を利用すると完全無料

●販売例⑧
→中学生8名+高校生8名×2/月謝13,200円/1拠点全種
→コトノハ+高校生現代文・高1+高2で自塾販売
→月謝13,200円・季節講習6,600円で費用設定の場合
〇参加塾・H塾様の販売例
・中学生8名+高校生8名×2が1拠点で受講
・月13,200円×8名×3種×1拠点=316,800円×12ヶ月
=年間3,801,600円
・季節講習6,600円×8名×3種×1拠点=158,400円×3回
=年間475,200円
・上記設定での販売例
=年間合計4,276,800円
〇参加塾・H塾様の支払例
・1拠点費用×3種
・月13,200円×3種×1拠点=39,600×12回
=年間合計475,200円
※パートナーシップ制度を利用すると完全無料

●販売例⑨
→中学生8名+高校生8名×2/月謝8,800円/1拠点全種
→コトノハ+高校生現代文・高1+高2で自塾販売
→月謝8,800円・季節講習4,400円で費用設定の場合
〇参加塾・I塾様の販売例
・中学生8名+高校生8名×2が1拠点で受講
・月8,800円×8名×3種×1拠点=211,200円×12ヶ月
=年間2,534,400円
・季節講習4,400円×8名×3種×1拠点=105,600円×3回
=年間316,800円
・上記設定での販売例
=年間合計2,851,200円
〇参加塾・I塾様の支払例
・1拠点費用×3種
・月13,200円×3種×1拠点=39,600×12回
=年間合計475,200円
※パートナーシップ制度を利用すると完全無料

==========

■向上館SFCGの開校/運営支援・概要
※0次募集期間での参加塾

塾・予備校の開校/運営を私たちが支援します。
創業やリニューアル等での開校/運営支援です。

3点のみに特化した選択制の支援とさせて頂き、
市場調査・物件選定等の諸々は除いております。

GIGAスクール構想・講師不足・Z世代以降との向き合い等。
労務環境も整えて・・・魅力ある塾・予備校を創りたい。

では、何故一般的な塾・予備校のFCとは違う形態を?
そこに、私たちが目指す大切な想いがあります。

代表・熊谷の20数年での業界経験がもとになっていますが、
これについては、お会いした際にお話しさせて頂きます。 

==========

■向上館SFCGのの開校/運営支援・ご案内
※0次募集期間での参加塾

2022年6月~2024年2月が、向上館SFCGの0次募集期間。
私たちの想いにご賛同頂く方とつながりたいと考えます。

時間割作成がフルパッケージ版の丸抱え支援となり、
対人研修と合宿実施はご希望に応じての支援です。

開校/運営支援は3点のみに特化した選択制の支援です。
集客施策メイン且つ義務付加算パターンではありません。

また、私たちの支援を受ける条件がございますので、
参加塾の皆様には、全て厳守をお約束して頂きます。

お問い合わせやお申込は055-941-5051へのお電話にて。
または向上館Facebook・InstagramへのDMにて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●開校/運営支援をご希望の方に支援・時間割作成
〇対象=塾・予備校の創業やリニューアル等をされる方
・業界経験の有無は問いません
〇内容=時間割作成支援
・全ての土台となる時間割+その中身を支援
・アオハル予備校のフルパッケージ版で丸抱えの支援
・教務(授業)支援を選択制で受講可能(別途費用)
↓↓基本設定の3種類
◎中2国語力強化講座コトノハ(週70分)
◎高1現代文(週50分)
◎高2現代文(週50分)
↓↓支援が可能な7種類
◎中1勉強力強化講座カンヅメ(週70分)
◎中3表現力強化講座コトダマJr.(週70分)
◎中学生英語力強化講座ミミトレ標準(週50分)
◎中学生英語力強化講座ミミトレ発展(週50分)
◎高1/高2英語+進捗管理コンパス(週50分)
◎高3英語+進捗管理コンパス(週50分)
◎高3入試小論文コトダマ(週50分+個別添削)
↓↓支援が応相談の9種類
◎中1/中2/中3英語(各週70分)
◎中1/中2/中3数学(各週70分)
◎中3入試特訓(9月ー2月実施・週150分)
◎小5/小6英語+算数(各週70分)
〇担当=熊谷征哉とサポートスタッフ
・(株)向上館の代表です

●開校/運営支援をご希望の方に支援・対人研修
〇対象=塾・予備校の創業やリニューアル等をされる方
・業界経験の有無は問いません
〇内容=対人研修支援
・時間割+その中身の精度向上のための支援です
・学習システムの使用法等の対人面の様々を研修支援
※アオハル予備校のフルパッケージ版での支援含まず
※丸抱えの支援をご希望の方は時間割作成支援を
※1回ごとの単発支援(内容は相談に応じます)
〇担当=熊谷征哉とサポートスタッフ
・(株)向上館の代表です

●開校/運営支援をご希望の方に支援・合宿実施
〇対象=塾・予備校の創業やリニューアル等をされる方
・業界経験の有無は問いません
〇内容=合宿実施支援
・塾・予備校の+αの価値付けのための支援です
・日帰り型合宿の準備から当日までの実施支援
※アオハル予備校のフルパッケージ版での支援含まず
※丸抱えの支援をご希望の方は時間割作成支援を
※1回ごとの単発支援(内容は相談に応じます)
〇担当=熊谷征哉とサポートスタッフ
・(株)向上館の代表です

●支援の条件
〇静岡県内の下記市町村内での支援は不可です。
・三島市/伊豆の国市/伊豆市/熱海市の4市
〇アオハル予備校のフルパッケージ版がベースです。
・時間割作成は2教場1セットで880,000円(別途実費)
・対人研修は1回4時間&4人までで13,200円(別途実費)
・合宿実施は1回12時間&12人までで13,200円(別途実費)
※内容等はお会いした際にご相談のうえで決定致します
〇原則として下記事項の支援は除きます。
・市場調査・物件選定等の教場準備事項
・内外装工事・什器備品購入等の教場完成事項
・広告等販促物作成(SNS等含む)等の集客施策事項
※個別にご相談に応じる場合もございます
〇屋号としてアオハル予備校を使用する必要無。
〇不足・不慮の事態での変更はお許し願います。
〇状況等で支援をお断りさせて頂く場合有。

●参考:アオハル予備校・フルパッケージ版のポイント
・授業担当講師0名でも教場運営可能
・小中高校生指導対象
・3点限定の開校/運営支援+屋号使用必要無で自由経営
・小中高校生の教務(授業)支援を全19種ご提供で安心経営
・他業種の間借り(業種は限定)や自宅等でも開校が可能
・1名(勤務形態を問わず)で2教場運営且つ週休3日制
・2名(勤務形態を問わず)で4教場運営且つ週休3日制
・既存状態でのオプション設定やリニューアルが容易

アーカイブ

  • 2022年11月